携帯スマホ

iPhone画面割れを対応【スッキリと綺麗に仕上げる】

  1. ホーム
  2. 傷をつけずに

傷をつけずに

スマホケース

スマートフォンカバーの性質と種類

アイフォン6はもちろん、殆どのスマートフォンは画面や本体の保護が出来ないため、保護用のカバーを同時購入することが薦められています。しかしこれらのカバーは非常に種類が多く、素材や形状もそれぞれ異なっています。ケースに主に使われている素材は硬質プラスチック、シリコン、革の3つです。それぞれの特徴を挙げると、硬質プラスチック製ケースの場合は価格が安いかわりに、画面保護を行うことが可能な機能がついたものは少ないです。シリコン製ケースは他のケースと比べて持ちやすい一方、他素材と比べてサイズが大きく、スマートフォンから発生する熱が籠りやすいという特徴を持っています。革製ケースは価格が高めですが画面保護用のふたがついているものが多く、また財布や小銭入れなどのように公的な場でも持ち歩くことが出来るデザインのものもあります。

アイフォン6を買ったときには

次に、アイフォン6のカバーを購入する場合について説明します。アイフォン6のカバーを買う場合は、そのカバーの対応機種に注意して選ぶようにしましょう。アイフォン6はそれまでのアイフォンと比べてサイズが小さくなっているほか、小型サイズのアイフォン6Sも販売されています。一方で、アイフォンカバーは家電量販店などではその対応機種を問わずに全て同じスペースに集められて販売されていることが多く、別の型式のアイフォンカバーを買ってしまうことがあるからです。また、アイフォンは新型が発表されるたびにサイズが小型化する傾向にあるため、今後、新型アイフォンが発表された場合は既存のケースとサイズが合わなくなることも考えられます。機種にあったカバーを買うようにしましょう。